連日ニュースになっている木曽の雨について報告させて頂きます。



記憶では、先々週から雨が降り出して、そこから基本的に毎日雨が降っていました。



そして、大雨避難警報が発令した先週の木曜日前後は風呂場目の前にある川もかなり水量が増えて濁流になり、

大喜泉の手前の道でも軽く土砂崩れがあったり、怖い思いをしました。



今はその土砂崩れも撤去され、川の水も少し減り、何事もなく営業しております。

驚いたのが、風呂場目の前の川(入川)は、沢山雨が降ると当然茶色く濁った濁流になるのですが、雨が夜やんで次の日に見てみると、もう透明な水に変わっていたんです。

だいたいの川は雨が降り続くと、やんでも1、2日くらいは濁ってるのにすぐに透明に戻るということは地盤が強い方なんじゃないのかなと思われます。

(でも過信はしないようにします)



また、一昨日は久々の晴天に恵まれて、とても気持ちが良い1日を過ごすことができ、改めて太陽の有り難さを思い知りました。

ちなみに洗濯機は基本周りっぱなしでした笑



そして昨日の昼間からまた雨が降りだし、今もしとしと降り続いています。



いつもお世話になっているお客様方からは、メールやお電話など暖かいお言葉を頂き、本当にありがたく思います。

大きな被害や災害は今の所ありませんが、今週も雨が続くみたいなので、これからも気を抜かず営業していこうと思っております。



また、何かありましたらこちらにてご報告させて頂きます。


コメント
コメントする